記事一覧

ニューヨーク・ファッション・ウィークで目にした腕時計

時計において、これほど劇的な変化を見たことがありません。ここ数年、どの都市の高級時計も、重厚なものや機能的なもの、自分自身を主張するものに偏っていましたが、ニューヨークの人々の腕には、突然、上質で軽く、長方形のものが好まれるようになったようです。そして何よりも、実用的ではなく、洗練されたものが好まれるようになったと感じました。多くのニューヨーカーにとって、これは明らかに勉強のための期間だったのです。

素敵な ロレックス GMTマスターII ジュビリーブレス 126710BLNR【スーパーコピー】

型番: 126710BLNR
モデル: GMTマスターII
外装: ステンレススティール(オイスタースティール)
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 40mm
ムーブメント: Cal.3285
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 100m
耐磁: あり

バーゼルワールド2019のメインモデル。新世代ムーブメントを搭載し、生まれ変わったバットマン
「やはりきたか」この新作を前に、しばし思いに駆られたものです。 ロレックスは昨年同様、バーゼルワールド2019においても新作GMTマスターIIを打ち出しました。 「次のGMT新作は黒ベゼルか、青黒ベゼル―通称バットマンか」バーゼル前夜にはこういった予想が飛び交っていたので、順当な新作だと思います。 基本デザインは従来の116710BLNRと大きくは変わりません。 昨年ペプシモデルでレギュラーとして初登場した126710BLRO同様に、ジュビリーブレスレットを搭載させてきました。これも想定の範囲内でしょうか。 近年、セラクロムベゼルを搭載するなど、繊細な、しかしドラスティックなデザインイノベーションを行ってきたロレックスですので、思ったよりは無難な路線かな、とも思ったファンはいるかもしれません。 しかしながらロレックスはもともとオリジナルのデザインを踏襲しているところが大きな魅力。ファンも奇抜なデザインなどは望むところではありません。 また、展示されている実機を会場で見た限りでは、これまでのバットマン同様に非常に完成されたデザインに仕上がっており、これは人気が出るだろうな、と思いました。 細部を見るとアップデートが加わっています。その詳細は後述するとして、実はバーゼルワールドの喧騒のかたわらで、116710系が全て絶滅しているのではないか、という情報が飛び込んできました。もちろん、黒ベゼルも含めて。

【関連記事】:http://atumi.top/

コメント一覧