記事一覧

H. モーザー パイオニア シリンドリカル トゥールビヨンの驚くべき鼓動

この時計は、今年最も興味深いリリースのひとつだ。

6週間ほど前、時計好きの仲間数人とニューヨーク・ニックスの試合を観戦した。マディソン・スクエア・ガーデンで席を見つけると、私たちは自然と“ウォッチガイ”ぶりを発揮し、記念のリストショットを撮った(これを書いていて、何とも居たたまれない気持になるが、もうしばしお付き合いいただきたい)。そのとき、我々の様子が偶然にも後席の時計コレクターの紳士の目にとまり、声を掛けられた。そして、私がHODINKEEで働いていることを告げるや、彼は私に次の質問をぶつけた。

“モーザーについてどう思う?”と。

H.モーザー スーパーコピー パイオニア・センターセコンド コズミックグリーン 3200-1202

パイオニアコレクションは、快適性に優れた普段使いに相応しいモデルです。
コズミックグリーンのダイアルの、オーロラの持つジュエリーのような輝きを思わせるカラーが、エレガントで極めてコンテンポラリーなデザインとなっています。その神秘的なトーンをステンレススチールケースとドーム型サファイアクリスタルがさらに強調します。
ファブリックストラップを組み合わせ、妥協を許さない大胆なタッチで、革新的かつスタイリッシュなモデルのコンテンポラリーでダイナミックな魅力をさらに引き立てました。
品番 3200-1202
仕様
ムーブメント 自動巻き(自社製キャリバー HMC 200)
ケース素材 ステンレススチール
ベルト ファブリックストラップ
防水 120m防水
サイズ 42.8mm
その他特徴 パワーリザーブ3日間
秒停止機構
ラチェット式両方向自動巻きシステム
コズミックグリーンフュメ ダイヤル

H.モーザーほど私を驚かせることができる時計メーカーはない、と答えるべきだった。

モーザーがよもやスイスチーズをケース素材に時計を作ったことも、究極のブラックアウトウォッチを発表したことも、究極のオマージュウォッチで時計業界を炎上させたことも予想できなかったのだ。そしてあの日、マディソン・スクエア・ガーデンでシャフハウゼンを拠点とするこの会社についての会話が交わされるとは、間違いなく予想していなかった。さらに言えば、モーザーの新作をウォッチ・オブ・ザ・イヤー候補として、またWatches & Wondersジュネーブ 2022のなかでもトップレベルの時計として紹介することになろうとは、予想だにしていなかった。H.モーザーのシリンドリカル トゥールビヨンは、今年のベストモデルのひとつであり、美しさと同時に知的なおもしろさも備えたハイエンドな複雑時計なのだ。

この時計の心臓部である立体的な調速機構、すなわちシリンドリカル(円筒形)ヒゲゼンマイとフライングトゥールビヨンの組み合わせは、機械的、時計学的に多くの興味を引くだけでなく、時計全体の優れた装着性と相まって、その魅力はさらに強化されている。直径43mm弱のステンレススティールケース(決して小さくはないが、汎用性は高い)、ねじ込み式リューズ、120m防水性能と、モーザーの最新作は、日常使いすることを想定したトゥールビヨン搭載の希有な腕時計なのだ。


【関連記事】:bibicopyスーパーコピー ちゃんと 届いた

コメント一覧

ankopi 安全なサイト URL 2022年04月28日(木)15時49分 編集・削除

一番信用ブランドコピー買ってみた必ず届くスーパーコピー口コミ優良サイト!